心のビタミン注入完了?

SMAPとSHINHWAが私のビタミン☆三十路女のイタイ日記

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

奉恩寺(ポンウンサ)

ちょうど私たちが泊まったホテルの真向かいにあったので行って来ました。
韓国を代表する有名な仏教寺なんだとか

奉恩寺?

<奉恩寺の歴史>
奉恩寺は、新羅時代の高僧緑会国師によって、李氏朝鮮王朝第9代君主・成宗(ソンジョン)の墓陵(宣陵)を守護する奉陵寺院(ポンヌンサウォン)として1498年に創建されました。このとき見性寺(キョンソンサ)から名称を「奉恩寺」に改め、墓陵の陵寺とし殿閣を造営しました。その後1562年(明宗17)には、今の江南区三成洞修道山に移転、現在まで約1200年の歴史を培ってきました。 主な「奉恩寺」の行い・歴史としては、禅宗最高の寺院として、過去には僧侶の科挙試験ともいえる僧科を実施。また全国の寺院の風紀と規律を監督する5箇所の規定所の一つとして、江原道と京畿道の一部の寺を管轄しました。さらに、ずっと以前には31の本寺の一つとしてソウルと京畿道一帯の寺を掌握した仏教行政の中心寺院でもありました。 つねに朝鮮仏教の発展のために精進し続ける「奉恩寺」、現在もソウル市民の禅宗信仰の中心地として不動の地位を占めています。



奉恩寺③

門を抜け、その先にある階段を上って行くと・・・

奉恩寺②

「うわぁ、スゴイ!!」 

これ全部、提灯です。
*5月14日~5月23日の間、お釈迦様の誕生日(5月21日)を祝う「燃灯祝祭」が開かれるそうで、その為のもの。
詳しくはココ→『燃灯祝祭 2010』

夜は灯りがともって更にキレ~~~
コンビニ&ノレバン(=カラオケ)の帰り道。時間が遅く、中には入れなかったので門の外からパチリ

奉恩寺⑥

って、全然見えてないし。ホント使えねぇ


さて、気を取り直して

ココ「奉恩寺」の見所は、何と言っても板殿(パンジョン)と弥勒仏像の2つなんだってさ。
※またKonest情報(笑)↓

板殿というのは、お経が彫られた木版が保管してある所。当時はその木版を使用してお経を紙一枚一枚に印刷していたのである。その中には華厳経81冊、金剛経、維摩経、念珠経など総15種3438枚の木版が保管されているのである!
これは仏教の世界ではかなり価値のあるものらしいので、興味のある人は必ずチェックを!
そしてもうひとつが1996年に完工した弥勒大仏の像。この弥勒仏は高さなんと23mもあるという韓国最大の大仏様。その大きさもジャイアント級だが、その恩恵もジャイアント級なのか、毎日多くの人が礼を捧げにやってくるのだ。
他にも各殿の扉に描かれた絵や、韓国式建築など興味深いものが多く、あきることなくお寺を一周できるはず。

15.jpg16.jpg



『弥勒仏像』 本当に大きかった♪
“写真撮りたいな~♪”と思って一瞬 を向けたんですが・・・その威圧感に負けたってゆーか、何だか罰当りな気がして止めました。

お花や供物がたくさんあげられてて、“何も持ってないけどいいかな?”な~んて思いつつ、しっかり拝んできました。

・・・こんなんで恩恵あるかな?
スポンサーサイト

| 韓国旅行記 | 23:31 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

COEXインターコンチネンタルソウル

今回の旅で私たちが宿泊したホテル。

exterior.jpg

ちゃんとした写真を撮らなかったのでこれより以下は私がよく利用しているKonestさんよりいただきですっ。みあねよーー。
詳しくはコチラからどうじょ?

江南(カンナム)・三成洞(サムソンドン)エリアは、世界的なホテルチェーン、インターコンチネンタルホテルズアンドリゾーツのチェーンホテルが2つ隣接しているという、まさにソウルのインターコンチネンタル・ゾーンといってもいいようなところです。
1つはソウル進出第1号の「グランドインターコンチネンタルソウル」、そしてもう1つが「COEX(コエックス)インターコンチネンタルソウル」で、韓国でも有数のラグジュアリーホテルとして認められています。

1999年12月、ソウルの三成洞にオープンした「COEXインターコンチネンタルソウル」の外観は、全体的に丸みを帯びたデザインで、すっきりした柔らかなイメージです。すっきりしているのは外観だけでなく内部にも通じており、ロビー、ラウンジ、ルームなど、飾りすぎずシンプルにまとめられています。
先にオープンした「グランドインターコンチネンタルホテル」が、外観、ロビー、レストラン、ルームに至るまで、重厚でゴージャスなのに比べると、落ち着いた雰囲気です。
あえて言えば、ヤング・エグゼクティブ&初心者、女性向けなのがCOEXインターコンチネンタル、エグゼクティブ向けなのがグランドインターコンチネンタル、というところでしょうか。
でも、その快適さはどちらのホテルも同じなので心配ご無用。とにかくビジネス、レジャーとどちらにも大活躍のオールラウンド・ホテルなのです。(Konestより引用)


◆表はこんな感じ
外観10455.jpg
◆ロビー(フロント)
ロビー(フロント)
◆これがお部屋
10462.jpg部屋(ツイン)テレビがこんな所にっ!
扉を開けるとテレビが・・・(笑)


さて、ここのホテルのスゴイところはと言いますと、地下に・・・

カジノ がある!
n01.jpgn02.jpg

免税店 がある!
z6_b.jpg

巨大ショッピングモール がある!
n04.jpg

・・・といったところでしょうか。

ま~~~このショッピングモールの広いこと 結構歩いたわ~。
韓国の有名どころのコスメショップがほとんど入ってるのは嬉しいわね~

更にココには韓国ドラマにもよく登場するあの水族館や映画館も

COEXアクアリウムD2.jpg

・・・なぜか嬉しい、ミーハーな私。


正直こんなホテル、オンマと一緒じゃなかったら泊まらなかっただろうな~。
だって私は、“ホテルなんてただ寝るだけだから少しでも安いところでイイ!”って人だから。
でもねオンマは、“旅に来たなら、普段とは違うリッチな気分を味わいたい♪”んだそうな。
(前回泊まったホテルは相当気に入らなかったらしく、帰ってきてから文句言われっ放しだったし。)
これは今回、親孝行って事で・・・ワタクシが折れました。

でもね・・・ふふふ。
この場所って・・・何気に・・・エリックのお勤め先(2号線総合運動場駅)の隣駅・・・
なのよね~~~キャッ♪

・・・え?だからこのホテルを選んだのかって?

ち、違うわよぉ~~~ ま、行く前から知ってたけどぉ~
実はオンマってば前回ここのカジノ(スロット)で日本円にして約10万円くらい勝ってるんだよねー。いわゆるビギナーズラックってヤツ?
それで味を占めた?またカジノをやりたいというのでー。(やめときゃいいのに)
本当、エリ目当てじゃないんだからっ!

でも・・・毎朝ストーカー行為を抑えるのに必死だった人。
たった一度、降り立っただけよ、降り立っただけ


ま、それが理由って訳では無いですけども、とっても便利で良いホテルでした。
明洞がメインって方は別として、私みたいに“江南地区を攻めたい”と思ってる方にはいいんじゃないかな。
ちょっとしたミラクルもあったしね。ま、それについてはまた後で。

| 韓国旅行記 | 22:39 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

日本脱出!



ジウジーは今、成田にいます。
もうすぐ…ソウルへ行きますいぇ~い

| 韓国旅行記 | 07:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

母と娘の韓国旅行記☆ソウル到着編②

◆ゲートを出ると・・・
ずらりと並んだ旅行会社の添乗員さん達。ボード片手にお出迎えです。我々の添乗員さん、み~っけ♪
先ず私は(ツアー参加者)全員が揃う前に急いで“SKテレコム”へ予約しておいた携帯電話を借りに走った。(と言ってもすぐ目の前。)等身大のRain君が「おいで、おいで♪」とお出迎えしてくれてました。ムフフフ
「Rainのポスターまだ貰えますかー?」
と、おねーさんに聞くが笑顔で首を横に振られる。 やっぱりね・・・先着200名様だっけか?仕方なくパンフレットをごっそり頂いて帰って来ました。それがコレ↓


                                RainSAVE0008.jpg
◆オプショナルツアー
JALパックでは、空港到着後ホテルよりも先に連れて行かれるのが東和免税店。
「皆さんに東和免税店よりお土産がありま~す。」 と、添乗員の南(ナム)さん。
選べる来店お土産は↓の三つ。
①クォン・サンウのプロマイド ②イ・ヨンエ(大長今)のクリアファイル ③竹塩石鹸
意外や意外、「クォン・サンウのプロマイド!」と答えた人は誰もいなかった。みんな竹塩石鹸希望。
50分ほど店内を見て食事へ。これまた選べる(石焼ビビンバ+チヂミ・デジカルビ・サムギョプサル)お食事コース。
私とママンは韓国の庶民に最も人気があるという“サムギョプサル”(豚バラ肉)をチョイス。(韓国では牛肉の焼肉よりも豚肉が人気なのだ~。)
これは網や専用の鉄板などで脂をひたすら落として肉がカリカリになるまで焼き、肉と一緒に焼いたニンニクやキムチ、ネギなどと一緒にサンチュ(チシャの葉)、エゴマの葉などで包んでいただく。 う~ん、マシッソヨ(おいしい)♪
更に酒好きの私達。ママンは韓国ドラマでよく登場する緑色した小瓶のソジュ(焼酎)を。私はメクチュ(ビール)をいただきました。

◆眠らない街?
食事を済ませた後は東大門市場を散策。
ココにあるデパートはほとんどが翌朝の5時まで営業していて、深夜を回ってもお客さんが絶えず買い物を楽しんでいる。日本では考えられない光景にママン驚き。
「1時間後にバスへ戻って来て下さいね~。」 との添乗員さんの言葉に、「1時間じゃせいぜい(見れて)1フロアーのみだよ。」 と心の中でつぶやきながら大好きな 「DOOTA」 へ。
ほ、本当に1フロアーしか見れなかった。(汗)

◆ニュー国際(クッチェ)ホテルへ到着
市庁と言ってオフィス街に位置。ロッテだとか有名ホテルではありませんが、有名観光地は徒歩圏内。地下鉄だとか交通の便が良いのでセレクト。(私は旅行先ではホテルは寝れれば良いという考えなので。)
本当に長い1日でした。しかし、すぐには休まない私達。
側にあるセブンイレブンで酒とつまみを購入。部屋で二人で安着祝。コンベ(乾杯)~♪
結局寝たのは4時過ぎ。

| 韓国旅行記 | 21:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

母と娘の韓国旅行記☆ソウル到着編①

◆ドキドキの入国審査?
私が初めて入国審査を経験したのは16歳、(和太鼓の公演の為)スペインへ遠征したときの事。
張り詰めた空気と静寂。審査官はゴツくて仏頂面で、何とも言えない不安と緊張感を覚えてる。
「何か話しかけられたら何でもいいから笑顔で“サイトシーン(観光)”か、“イエス”で切り抜けろ。」と(からかい気味に)先輩達に教えられたっけ(笑)。

「あそこでパスポート見せるんだよ。」
ママンも初めてで緊張してるかも・・・そう思い先に行かせた。すると・・
「イヤ~ン。オバサン年で恥ずかしいから、あんまり見ないで~~~。」
と、顔を確認しようとする審査官に、手で顔を覆いながら“チョット、チョット”の手振り付きで話しかけていた。もちろん全て日本語である。
言ってる事がわかったのか?審査官も失笑。
私の心配もよそにママンは元気良く通過して行った。
恐るべしっ、日本のおばちゃんパワー!!!

| 韓国旅行記 | 23:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。