心のビタミン注入完了?

SMAPとSHINHWAが私のビタミン☆三十路女のイタイ日記

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

久々の夢のお話・・・「寝ても覚めても?」本日よりUPですっ♪

思い起こせば・・・あれは3ヶ月前の今日、なんですね。カリスマが私の夢に登場したのは
あの頃は・・・ロマフェス開催の知らせが出て、行くべきか?行かないべきか?で毎日頭を悩ませていたんだっけ。
それで・・・シナメンに会いたい一心で、とうとう夢にまで見ちゃったという(笑)
だけど、それがあまりにも幸せな夢だったから、書き留めておいたんだよね。いつかここで発表しようと。
そんな話をしたら、先日ある方からリクエストいただいたので(ありがたい)、早速ですが本日より何回かに分けて カリスマ編 をお送り致します。
初めての方は危険ですので、先ず注意事項をよく読んで先にお進み下さい。

注意書き 注意事項
これは、あくまでも私が見たのお話です・・・。
実在する韓国の歌って踊るグループ(SHINHWA)のメンバーが登場します。そして・・・メンバーと私(ジウジー)の恋愛話heart0
しかも、ちょっと大人な 98666 場面あり。
たとえ夢であろうと気分を害されそうだと思う方(特にペンの方で)は、そのままお引取り下さい。
あと、長文が苦手だという方や、現実主義の方。
ワタクシ、夢見る夢子ちゃんなんで(笑)
かなり痛いコです・・・引いちゃいませんか?

以上を御理解いただき、乗り越えられそうだと思う方のみ・・・↓の “続きを読む” からお進み下さい。
なお、一切苦情は受け付けておりません。



◆第1話 「ありえない出会い」

そこは・・・ちょっと小洒落た・・・大人の香り漂うBAR。
薄暗い店内にはジャズが流れ、何組かのカップルが肩を寄せ合いながら会話を楽しんでいる。
そんな店のカウンターに独り私は居た。

「何か、お作りしましょうか?」

マスターが私に声をかける。

「うーーーん、そうねぇ・・・甘くなくて、さっぱりしたのがいいな。」
「かしこまりました・・・プッ(笑)」

ここは清潭洞(チョンダムドン)。ソウルでもお洒落でセレブな街と言われている。
独りソウルにやってきた私は、この近く・・・狎鴎亭(アックジョン)という街で働いている。
仕事が休みの前の晩は、この店で過ごすのが私の唯一の贅沢?というか楽しみとなっていた。
そもそも芸能人目当てで、芸能人がよく集まると聞き、ここへ通いだした私でしたが・・・この店に通いだして半年。全くといって芸能人に出会った事などない。
ま、今じゃすっかりマスターと親しくなって常連さんになったというか・・・今ではマスターが韓国で唯一のチングってカンジ(笑)

「お待たせしましたっ。」

そう言って私の目の前に差し出されたのは南国の海を連想させるような真っ青なブルー色したカクテル。

「うわぁ、キレイ~♪」

そう言ってそのカクテルを一口飲んでみる。
甘酸っぱくて・・・ほんの少し苦味が後に残る感じ。

「うん・・・オイシイ♪」
「ジウジーfor Weddingです・・・。」
「へ?」
「ジウジーをイメージして作ってみました・・・っていうか、早く幸せが訪れて欲しい・・・っていう俺の願望かな?」
「やだ~~~もうっ!でも、アタシってこんな澄んだ・・・キレイなイメージ?やっぱり~♪」
「いやいや・・・だから最後に苦味が残るでしょ?」
「オーーーーイ!毒があるってか~?」

そんな事を言い合いながら二人で笑う。
確かにね。この店ってカップルが多いんだけど、私はいつも独りだった。男性なんて一度も連れて来る事も、そんな話題すら無かったから・・・ね、心配されても仕方ないかぁ。

「ジウジーfor Wedding、おかわり~♪」
「はいはい・・・。」

私は調子に乗ってそのカクテルを何杯も飲み干していった。

「ねぇ、大丈夫?ちょっと・・・今日は飲みすぎだよ。何かあったのか?」
「何もないよ~。ただ楽しかっただけ~~~♪」
「そっか、ならいいんだけど・・・でも、もう帰った方がいいな。」
「えーーーー!そんな事言って私の事早く追い帰そうとして~。
まだ、もう少し飲むんだもーん。ちぇーーーっ。トイレ行ってこよ~っと。」

そう言って立ち上がった私は、トイレの方へと歩き出した。

・・・ん?あれ・・・なんか足がフラフラする。やっぱりちょっと飲みすぎた?

そう思いながらも歩いていると、ちょうど男性が1人店に入ってきた。
前から歩いてくるその男性とぶつからない様かわしつつ、通り過ぎようとしたその瞬間、私は足をとられ、よろめいてしまった。

「きゃぁっ!」 「おっ!?

咄嗟にその男性に抱き抱えられる。

「あっぶね~、大丈夫?」
「いった~い・・・え?・・・あ・・・ヤダッ!!」

知らない男性に抱きかかえられた私は、ビックリしてその男性を思いっきり突き飛ばしてしまった。

「キャーーーゴメンなさい。」

私は恥ずかさのあまり、お礼も言わずバタバタと痛い足を引きずりながらトイレに逃げ込んだ。

・・・やだな~あの人1人だったし・・・席に戻ったらいるかな~?あ、でも待ち合わせかもしんないじゃん?うんうん♪

そう思いながら席に戻ってみると・・・案の定その男性は私の席を一つ空けた隣に座っていた。

やべ・・・。

「お前、大丈夫か?奥の部屋で休むか?帰り俺が送ってくよ?」

マスターが私にそう言った。

「うん、ゴメン。しかもそこで、ちょっと足痛めちゃった。」

すると、さっきの男性が私の方を見てこう言った。

「ふぅ~ん・・・その割には逃げ足速かったけど?」

・・・え?そんな事言っちゃう・・・わけ

「あ・・・さっきは・・・助けてもらったのにゴメンなさい。」

そう言ってお辞儀をし、さっきは恥ずかしくてあまりよく見れなかった彼の顔を見直してみる・・・と・・・

「ゲッ!」 
「ゲッ?」

ビックリして思わず出ちゃったよ、だって・・・そこに・・・そこにいたのは・・・

カリスマ・・・ミヌssiーーーーー♪
関連記事
スポンサーサイト

| 私が見た夢のお話☆ | 23:07 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ぜひ続きを((o(^-^)o)

ジウジ-さん、東京ではお世話になりました。ヘソンしか愛せないぴるぎょんです。解るかなぁ?楽しく拝見しています
私もいまだにヘソンからねけだせずヘソンコン終わって発熱までする始末。私もかなり毎日妄想で生きてるのでまた楽しいドキドキ話楽しみにしてますね(^O^)

| ぴるぎょん | 2007/09/07 09:08 | URL |

>ぴるぎょんさん

いらいっしゃ~い♪
大丈夫、覚えてますって。その節はこちらこそお世話になりました。
東京でもお話しましたカリスマ登場夢話、妄想族の皆様には喜んでいただけるかと・・・。
まだラスト(夢を見てないから)どうなるのか私にもわかりませんが、楽しみにしてて下さい。
遊びに来てくれてコマウォヨ~。

| ジウジー | 2007/09/07 13:35 | URL |

待ってました

ついに,カリスマ登場ですね
どうなって行くのか,ワクワクします.
ワタシのカリスマ~

| いくこ | 2007/09/08 00:50 | URL |

>いくこさん

お待たせしましたっ。
あなたのカリスマ登場です!
てか、私のカリスマ登場です!なんちって。(キャー怒られるぅ。)
自分と置き換えて、ドキドキして下さい。カカカカ

| ジウジー | 2007/09/08 01:33 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hisanaka.blog46.fc2.com/tb.php/105-4ddc2633

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。