心のビタミン注入完了?

SMAPとSHINHWAが私のビタミン☆三十路女のイタイ日記

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「寝ても覚めても?」 ・・・第4話

ヨロブン、アニョハセヨ~♪ My Dream 「寝ても覚めても?」 楽しんでいただけてますか?始める前にほんの少し解説を。
これまで第3話までお送りしましたが・・・これ実際には2回分の夢です。
今でも十分長いですが 汗; 少しでも読みやすい様に・・・またドラマティックに・・・区切りのいいところで編集しています。だって~本当は・・・こんなドラマみたいに・・・うまい具合に終わったりなんてしてませんよ~(笑) 1回目の夢なんて・・・ミヌの顔が迫ってきたところで目が覚めちゃって・・・
「イヤーーーーっ!、螯rヲW、J、O なんで?なんでこんないいところで目が覚めちゃったの私?もっかい寝る~」 ・・・なんつって。
でも・・・頭から布団被ってもっかい寝てみたら・・・うまい具合に続きを見れちゃいましたアップロードファイル
スゴイでしょ~?自分でも驚きました。・・・だけど最近は・・・睡眠不足のせいか、ちーーーっとも夢を見ない。・・・このままじゃアタシ・・・欲求不満になりそうです。jumee☆Feel Depressed4
あ、そんな話はいいから早く始めろって?失礼しました。それでは第4話をお楽しみ下さい。
あ!毎回の事ですが、苦情は一切受け付けておりませんので悪しからず。


第4話 「本命・・・現る?」

「いらっしゃいませ・・・ってどうした?ジウジー明日休みじゃないだろ?」
「うん・・・ちょっとね。」
家にいても落ち着かない私は8時半には既に店に到着していて・・・
時計をジッ・・・と見つめながら彼の来るのを待っていた。
もうすぐ9時か・・・そんな事を思っている矢先、扉の開く音が聞こえた。
カウンターの方へ近づいてくる足音・・・ “来たっ?” と思い振り返ってみる・・・と、なんとそこに現れたのは・・・
「・・・ジニっ?」
・・・やべっ!私ったら、また声が・・・汗
ジニと目が合い・・・私は慌てて正面を向き、何も見なかったかの様な振りをした。

「ココ・・・いいですよね?待ち合わせしてんだけど・・・。」
マスターにそう言うとジニは、私の横の席を一つ空けた隣に座った。
・・・はぁ?何でジニが?一体どうなってんの?
っつーかさ~何やってんだよ~アタシ。ニコッと笑顔を送るとか・・・会釈するとかしろよ~。トホホ
そんな事を考えている間もジニとマスターの会話は続いていて・・・

「いや~お久しぶりです。昨日はミヌさんも来てくださって・・・どうしたんですか?」
「うん、実はミヌヒョンから聞いて・・・っていうかヒョンと待ち合わせなんですよ。今日仕事で一緒だったんですけど・・・なんか・・・紹介したい人がいるとかって・・・だから帰り付き合えって。」
・・・え?ミヌと待ち合わせ?ん?どういう事?それに・・・紹介したい人って・・・まさか・・・まさかねぇ。
すると、そこへミヌ登場・・・。
「お待たせ~♪」
・・・そう言ってミヌはジニの背中をポンと叩いた。そして・・・私の方へと近づいてきた。
「どう?足の調子は?」
「え・・・?うん・・・大丈夫。」
ジニがビックリした顔で私の方を見る。
「ヒョン・・・知り合いなの?」
「あーーー実は昨日この店で知り合った・・・っていうか昨日俺のせいで足痛めちゃってさぁ。」
「え?べ、別にミヌのせいじゃ・・・」
私の声を遮るかのようにミヌが喋りだす。
「でね~、彼女、ジニのペンだっていうから・・・お詫びに会わせてあげようかな~なんて。」
「ちょ、ちょっとミヌ・・・何言ってんのよ!」
私は焦ってミヌを引っ張った。
「彼女・・・ジウジーっていって・・・日本人。・・・年は・・・えっと・・・聞かなかったな。でも俺らよりは上~(笑)」
「初めまして。」
「あ・・・初めまして・・・あのっ・・・いつも見てます・・・。 実は・・・本当に大ファンでっ・・・。」
私はカチンコチンになりながらジニと挨拶を交わす。
キャーーーー目の前に・・・こんな近くにジニがいるーーー。
しかも今、私・・・挨拶なんてしてる?うっ・・・生きてて良かった・・・この店に通いつめて良かった・・・ほぇ・・・。
さっきまでのソワソワは何だったのか・・・すっかりミヌの事など忘れ・・・ジニにうっとりしていた。
すると・・・ミヌは私の肩に手を回し、笑顔でこう言った・・・。
「そんなに嬉しい?ジニに会えて?」
あまりの喜びに声にならない私は、うん、うん・・・と首を縦に振った。
ミヌは私の肩を掴み席を立たせると、ジニの隣に座らせた。そして自分は私の隣に座った。
ジニは恥ずかしいのか、気まずいのか・・・チラッと私の顔を見たが、すぐに俯いてしまった。
・・・はぁ・・・その横顔もたまらなく素敵なんですけど・・・ポッ
「何、二人して照れてんだよ~?・・・でもさ~ダメだよ?だってジウジーは昨日から俺のモノなんだから。」
そう言ってミヌが私の肩を抱いてきた。
「は?」
ジニはビックリして私の顔を見た。
キャーーーー♪ジニに見つめられちゃった~♪・・・って、そうじゃないだろっ!
「な・・・何、冗談言ってるのよ~ミヌったら。アハハハハ。」
私は笑いながらさりげなく肩に乗せられたミヌの手を振り払った。
「冗談じゃないだろ?そうだ・・・ほら、携帯。」
ポケットから私の携帯を出すと私の手を取り、手の平に乗せた。
「あ、短縮の1番に俺の番号入れておいたからね。」
にっこり微笑むミヌ。
「は?」
「実は今朝まで一緒だったんだよね、俺達。」
またジニはビックリした顔で私達を見た。
「え・・・ちょ、ちょっと・・・一緒って・・・いっても。」
「うん、まだ何もないけどねー。でも・・・キスはしたし・・もうすぐでしょ?カカカカ。」
私は呆気にとられ・・・何も言えずにいた。
「ジニさ~日本語の先生探してたけど、ジウジーに教えてもらいなよ。ついでに俺も一緒に教えても~らおっと♪」
「・・・ヒョン、先生いるじゃん。」
「まぁね。でも・・・あの先生・・・面白くないんだよな。」

・・・ジニに誤解された?
二人の会話は続いていた・・・が私の頭の中はパニックで何がなんだかわからないまま・・・時間だけが過ぎていった。

「俺、ジウジー送ってくから・・・じゃ、ジニまたな。」

ジニは私達二人を残して行ってしまった。
私は・・・またミヌに手を引かれ、ミヌの運転する車の中だった。
「なんで?なんであんな事っ!」・・・私はミヌに言った。
「なんで言ったかって?・・・本当の事でしょ?でもさーあんまりジウジーが嬉しそうにジニを見てるから・・・ちょっと意地悪したくなったっていうか・・・面白くなかったんだよ。」
「そんな・・・酷いっ。」
キキーーーーッ!と急ブレーキをかけて車が止まった。
「・・・酷い?本当に?」
フッ・・・とミヌは笑った。
「・・・とかなんとか言っちゃって・・・本当は俺の事が頭から離れなかったでしょ?・・・本当は俺に早く逢いたくて・・・早くから来てたんじゃないの?」
「え・・・。」
・・・なんで知ってるの?この人・・・汗
「違うの?・・・こんな可愛い服・・・着て来ちゃってさ~。」
そう言ってシートベルトを外し・・・私の方を見る。
「・・・俺の為・・・でしょ?」
ミヌはそう言って私の髪を撫でた。そしてその手が首筋を通り・・・胸元のリボンへと・・・ハート
「や、やめて・・・。」
「誘ってんのは・・・ジウジーだろ?・・・俺にしとけよ・・・。」
そう言ってミヌは突然私の首筋に強く吸い付いてきた・・・。
「い、痛いっ!」
「ヒュ~~~~アップロードファイル 俺のモノって印~にやり
・・・キ、キスマーク?・・・や、やられた・・・
「まぁ、ジニに会う機会を設けてやったんだから・・・感謝しろよな?あ~これからが楽しみっ♪」
にっこり笑ってミヌは、鼻歌交じりでまた車を走らせた・・・。
この人は・・・いったい何を考えてるの・・・?
関連記事
スポンサーサイト

| 私が見た夢のお話☆ | 02:40 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

うっわぁ~素敵

もう強引だけどとってもかっこいいミヌにくらっくらっだよ
リボン解かれたら…
「もう好きにして…」と身も心も捧げちゃいそうだよ。
あ~ジウジ-さんはやっぱりミヌに捧げちゃうのかぁ?ジニが奪いにくるのか…
またひとりぐったりするほど妄想しまくっちゃってます
((o(^-^)o))
ジウジ-さん、ほんとに最高です(^O^)

| ぴるぎょん | 2007/09/13 11:05 | URL |

う・羨ましい・・・ミヌがキ・キスマーク・・・
なぜか,めまいが・・
カリスマ~ワタシにもして~頭の中が・・もう駄目~
でも,先が知りたい,どうなるの~

| いくこ | 2007/09/13 22:32 | URL |

いつもコマワォ♪

>ぴるぎょんさん
素敵・・・だよね?かっこいい・・・よね?
私も本当はミヌにくらっくらっなの。だからいったじゃない、東京で。私もうミヌと・・・って(笑)

>いくこさん
ミヌのキスマークは・・・しつこくなかなか消えないんだよ~。って煽ってどうする(笑)
次がどうなるかって?
・・・これから私は夢の中でどんどん切なくなるのよ・・・。言っちゃった!

| じうじー | 2007/09/14 12:52 | URL |

いくこさんに教えられて訪ねてきました。 
思わず引き込まれ一気に読ませていただきました。
私の夢に登場したカリスマは一言も発することなく、とろける笑顔で私の顔を覗き込んだだけ。 
違いすぎる~~これからどうなるのhttp://blog46.fc2.com/image/icon/i/F9A8.gif" alt="" width="12" height="12" class="emoji">http://blog46.fc2.com/image/icon/i/F9A8.gif" alt="" width="12" height="12" class="emoji">

| kaori | 2007/09/15 21:41 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2007/09/16 16:44 | |

>kaori さん

初めまして、ようこそビタ注へ。
いくこさんのチングという方ですね~。確かミヌペンだとか・・・?
引かれる事も恨まれる事もなく良かったです(笑)みんないい人だ~。
っつーか、kaoriさんの所でカリスマは一言も発してくれないのですか?でも・・・とろける笑顔で見てもらえるのなら良いのでは?
私は本命にはそんな笑顔すら浮かべてもらえないので・・・ってそれはまだ先の話だった!
もうすぐUPするので楽しみに待ってて下さい。

| ジウジー | 2007/09/16 19:27 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hisanaka.blog46.fc2.com/tb.php/148-9a11f3c1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。