心のビタミン注入完了?

SMAPとSHINHWAが私のビタミン☆三十路女のイタイ日記

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「二人のカリスマ」 第5話

妄想族のみなさん、毎度~♪
え~~~今回も長いです・・・しかもまだ終わりじゃありません。
すみませんねぇ・・・焦らしすぎですか?ダラダラと長い?
仕方ないのよ・・・私の意に反して2人が色々とやってくれるもんだから・・・。
まぁ・・・もう少しお付き合い下さい。
注意書き 初めての方は第1話までお戻り下さいね~。 
それでは↓よりどうじょ~~~。


「お?なんだアレ?」 
「今度はヘソンとエンディが追いかけられてるゾ?好きだね~ミヌは。」
「・・・。」
店内にいた3人が出てきた。
「あ!エリヒョン助けてぇ~~っ 泣 。」
今度はエリックの後ろに隠れるエンディ。
「このやろっ、このやろっ。」
しかし・・・またしてもミヌに小突かれるエンディ。
「よしよし、かわいそうに・・・。」
エンディを庇いながら頭をなでなでするエリック。
「どうしたんだよ、今度は何?」
ドンワンが呆れ顔で聞く。
「ジウジーが誘拐されたんだ!」
「はっ?誘拐?ははは・・・いったい誰に?」
「木村だよ、キ・ム・ラ。」
「いや~ミヌ・・・年上の人に向かって・・・その・・・呼び捨てはないだろ~。」 by エリック
「うるせ~んだよ、そんな事言ってられっか。」
「え、木村さんが?まさか~って・・・本当なのヘソン?」 
ドンワンがビックリした顔で尋ねる。
「誘拐っていうか・・・ちょっと借りるね、って・・・。」
「だ~か~ら~無理やり車に押し込んだのなら、それは立派な誘拐だろ~~~?」
ヘソンに飛び掛ろうとするミヌをドンワンが止める。
「ええーーーっ!!すごいな~木村さん。」
「エリヒョンまで、感心しないでっ!」 
「っていうか・・・そのとき二人は何やってたの?」
ドンワンが言った。
「いや・・・それが・・・あっという間の出来事で・・・ 汗
「だろ?だろ?だからこいつら二人をとっちめてやろうと・・・」
「ギャーーーーッガビーン
逃げる二人とそれを追い回すミヌ。
「ねぇ・・・ちょっと!!」
ジニが大きな声を出して皆の動きが止まった。
「そんな事より、早くジウジー連れ戻さなくていいの?」
「・・・そうだよ、そうだった・・・何やってんだ俺。」
皆がジニの元へ集まってきた。
「でも・・・何処へ迎えに行くのさ?」
ドンワンが言う。
「マネージャーも一緒だったんだろ?なら宿泊先・・・ホテルだろ?」
「ホ、ホテルぅ~~~~?じゃあジウジーは今頃・・・木村さんの部屋・・・って事か?男と女がホテルの部屋に二人っきり・・・それはマズイだろ~。」
「バカっ、ドンワン!変な事言うなよ。」
ヘソンがポカッとドンワンの頭を叩いた。
「だって~~~ありえるだろ?久々の再会・・・いやがおうにも盛り上がるシチュエーション・・・ ハート8
「そんな事ある訳ないだろっ!」
「いや、わかんね~ぞ?案外・・・もう・・・手込めにされてたりして・・・ハハッ。」
「エリック!!」
「冗談だよ、It's a joke! そんな・・・お前が怒んなって~~~。」
「だって・・・あまりミヌを刺激するなよ。」
「って・・・もう・・・遅いみたい・・・。」
ジニがヘソンの後ろを指差した。
「えっ?あっ?ミ、ミヌ~~~~?」
振り返るとミヌは既に駆け出していた。
「おい、ジンッ!早くミヌを追いかけろっ!」
ヘソンが言った。
「えっ?俺?」
「何言ってんだ、お前が一番早いだろ~?早くっ、俺たちも後から行くから。」
「うん・・・わかった・・・。」
ジニはまるでゲリラコンサートのときの様な・・・車をも追い抜く勢いで走っていった。 ダッシュ!
「・・・すげぇ。」
「感心してる場合じゃない、先ずマネージャーに話して・・・俺らも行こう!」
「・・・なぁヘソン?ところでお前、木村さんのホテルわかってんの?」
「え?あ・・・(汗)」
「何やってんだよ・・・抜けてんなぁ。」
「お前に言われたくないよ・・・。」
「なんだとーーーそれ、どういう意味だよ アップロードファイル
「ちょっとヒョン達、こんなときにイチャイチャしないでっ。」
「してねぇよ。」
「どこがだよっ!」
「もう・・・いいからっ。少ししたらジンに電話すればいいだろ?ホラ、行くぞ。」
ドンワンがそう言って、4人はマネージャーが待つ車へと向かった。

その頃・・・私は木村くんの泊まっているホテルの部屋にいた。
「まぁ、適当に座ってよ。何か飲むか?」
「いらない。」
「あっそ。じゃあさ・・・悪いんだけど・・・俺、先にシャワー浴びてくるからテレビでも見てて。」
「は?シャ、シャワー?」
私はビックリして思わず立ち上がった。
「そんな驚くなよ、なんもしねぇって(笑)」
「・・・当たり前でしょ。だけど・・・先に話しようよ?ねっ?」
「~♪~♪~♪~♪」
そんな私の事など無視して鼻歌を歌いながらシャワールームに入っていく木村くん。
「・・・無視かよっ?」
「あ、間違っても帰んなよ? ビシッ!
ひょこっと顔を出し人を指差して言うと再びシャワールームへ戻って行った。
「何?あの男っ・・・。」
・・・ていうかアタシも何やってんだ?こんなとこフライデーでもされたら・・・何も言い返せないわよね?
「はぁっ。」
私は思わずため息をついた。
・・・木村くんを納得させるなんて・・・そんなの私に出来るのかな?・・・酒でも飲んでおくか?
そう思った私は冷蔵庫から勝手にビールを取り出すと一気に飲み干した。
静まり返った部屋にはシャワーの音だけが響く・・・それがなんとなく嫌でテレビをつけてみた。
偶然にもエリックのCMがやっていて私はハッとした。
「あ、ミヌ!ミヌに電話しないと大変だ~~~~ アップロードファイル
慌ててカバンの中から携帯を取り出す。すると・・・ちょうど着信が。
・・・あ・・・ジニ?
「ヨボセヨ?」 私は電話に出た。
「あ、ヌナ?大丈夫?今どこ?って・・・木村さんのホテルだよね?」
「う、うん・・・そうだけど・・・。大丈夫よ、ゴメンね。皆ビックリしてたでしょ?」
「ああ、そんな事よりっ、ミヌヒョンが今そっちに向かってる。」
「え?ミヌが?こっちって・・・ええーーーーっ!? マジですか
「うん、かなり興奮してたから・・・何するかわからない。俺も後を追ってタクシーに乗ってきたんだ・・・とにかく気を付けて?」
そう言って電話が切れた。
「えっと~~~ 汗(だらだら)」 ・・・私は慌てた。
・・・ミヌがこっちに向かってる?興奮してた?木村くんは今シャワー中で・・・大変!!早くここを出なきゃ。
そう思ってカバンを持った瞬間、後ろから腕をつかまれた。
「きゃっ!?」
「どこ行くの?誰?今の電話。」
「あのね・・・ミヌがこっちに向かってるって・・・だから・・・。」
「まだ話済んでないんだけど?」
「うん、そうだけど・・・今のこの状況をミヌが見たら・・・きっと大変な事になるからっ。」
振り払おうとしたその手は更に強く・・・握り返された。
「お前が日本に帰りたくない理由は・・・ソレ?」
「え?」
「彼の事が好きなの?」
「違うっ、そんなんじゃ・・・」
「じゃあどうしてそんなに焦ってるの?好きじゃないんなら・・・この状況を見られたって構わないよね?なんなら・・・俺達はそういう仲なんだよ・・・って教えてあげようか?」
「は?何言ってるの?おかしいよ・・・木村くん。」
「フン・・・なんか・・・そんなつもりなかったんだけど・・・本気で帰したくなくなったな・・・。」
「え・・・」
「彼さぁ、すごいお前の事好きなんだね・・・しかもそれを俺にアピールしまくってるし。あれじゃ俺には逆効果だよな?俺だって・・・お前の事・・・」
木村くんの顔が近づいてくる。
「えっ・・・いや・・・その・・・ちょっと待って 汗(だらだら)
私は後ずさりした。
「ジウジーってさぁ・・・1度ならず2度までも・・・こんな所までノコノコついて来て・・・本当に俺が何もしないとでも思った?」
そう言ってどんどん木村くんが近づいてくるので・・・私も更に後ずさりし続ける・・・
「きゃっ!」
追いやられた私はベッドにぶつかり・・・そのままベッドの上へと倒れこんでしまった。
木村くんが上に覆いかぶさってきて・・・顎をつかまれた。
・・・こ、怖い・・・助けて・・・ミヌっ!!
私はギュッ・・・と目を瞑り心の中で叫んだ。
関連記事
スポンサーサイト

| 妄想小説? | 22:01 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

大変だぁ

シャワー? ベッドに押し倒された?そんな現場にミヌが来たら…流血事件発生ですか? ジウジーさん絶体絶命の大ピンチ(超ラッキーな気もするhttp://blog46.fc2.com/image/icon/i/F9C7.gif" alt="" width="12" height="12" class="emoji">)

| kaori | 2007/10/26 23:26 | URL |

でしょ~~~?

>kaoriさん
そうなのよ、大変なのっ!
こんなところをミヌが見たら・・・ブルッ、お~怖っ。
万が一の事があったら・・・アタシ殺されるかもっ。いや・・・「お前を殺して俺も死ぬ・・・」なんて?
いや~~~~ん、そんな事ミヌに言われてみたーーーーい♪

| ジウジー | 2007/10/26 23:51 | URL |

チェゴ!

ジウジーさん、も~相変わらずGoodですv-218
読んでて引き込まれちゃうからジウジーさんの夢話大好きv-238
今回もいいとこで続きになっちゃたから、このあとどうなるか気になるから早く見れるの楽しみにしてるねv-398

| クー | 2007/10/27 17:35 | URL | ≫ EDIT

どうなるの?

どうなるの?一体どうなるの~~
ちなみに,この時木村君はシャワーの後よね・・
それって,バスタオル一枚とか?
なぜか,そっちが気になる~~

| いくこ | 2007/10/27 21:45 | URL |

コマワォ♪

>クーさん
そんなに褒められると・・・調子にのっちゃうから♪
ちょっと展開がダラ②長すぎたかな~?って反省?気になってたんだけど・・・ホッとしました。ヘヘッ
これからもどうぞごひいきに(笑)

>いくこさん
そうなのよ~。木村くんはシャワーの後なのよ~。
あははは、皆そこが気になるのね。
じゃあ・・・その答えは次回という事で?

どうなるのか気になるでしょ~。
いや~~~私も迷って・・・じゃなかった、困ってます。どっちも私の好物“強引男”なので・・・。キャーーー♪(←嬉しい悲鳴)

| ジウジー | 2007/10/28 19:27 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hisanaka.blog46.fc2.com/tb.php/170-795fdab6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。