心のビタミン注入完了?

SMAPとSHINHWAが私のビタミン☆三十路女のイタイ日記

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ちょっとブレイク♪

ジニコンレポも終わったので・・・ここらでちょっと一休みしてみましょうか?絵文字名を入力してください
福島TOKIMEKIレポなんかが始まっちゃうとまた、しばらくお預け状態になっちゃいますからね。
フフフフ・・・フフフフフフ・・・
妄想族の皆さま、大変長らくお待たせいたしました。jumee☆SaturdayNightFeverR
この件がきたら・・・もうお分かりですね?
そうです!私が見た夢のお話、第6弾!ウキャキャキャ♪
実はジウジーったらジニコンの前の晩に、こーんな夢を見ていたっ!?
あ、甘いです・・・ダブルハート今回・・・ジニったら・・・もうっ。v

注意書き 初めての方は↓の注意事項をよく読んで先にお進み下さい。
この夢のお話には、韓国の実在する某アイドルグループのメンバーが登場します・・・が、しかし、
彼らの性格や言動は、あくまでもワタクシの勝手なイメージによるものです。よって、皆さまが抱いているイメージをぶち壊す可能性・・・大です。sc06 お気をつけあそばせ。
また、メンバーとワタクシとの恋バナになっております。しかも・・・ちょっと大人な場面有り 鼻血
少しでも嫌だと感じた場合には直ちにお引取り願います。苦情は一切受け付けておりません。
あと、そんな方はいらっしゃらないと思いますが、夢のお話&妄想小説の転載禁止。
注意事項は以上です。

☆ジウジーかなり痛いです・・・痛いコなんで・・・寛大な気持ちで受けとめてやって下さい。


【真夜中の訪問者】

「はぁ~~~っ、もう3時じゃんっ。明日も早いのに・・・。」
なかなか寝付かれない私は何度も何度も寝返りをうっていた。
だけどもそのうち・・・ウトウトと・・・ようやく眠りにつき始めたそのときだった。
部屋の扉が開く音。
・・・ん・・・オンマ?
ちょうど入口に背を向けた状態(横向き)で寝ていた私。
・・・こんな時間にどうしたんだろう・・・
そんな事が頭の中を一瞬過ぎったが・・・ようやく眠りについたばかり。私はそのまま・・・再び眠りについた。
・・・えっ!?アップロードファイル
絡み付いてくる・・・人の足の感触で目が覚めた。
そう・・・誰かが・・・誰かが私のベッドにいる・・・。
それも・・・長くて・・・スラッとした足・・・それは明らかに男性のモノだ・・・
だっ・・・誰っ!?アップロードファイル
その人は・・・私の背中にピッタリと張りつき・・・私の足と足の間に自分の足を絡めていた。
私は恐怖のあまり全く動く事が出来なかった。
どうしよう・・・起きて騒いだら何をされるかわからないし・・・このまま寝た振りしてた方がいい?
そんな事を考えているうちに今度は長い手が背後から伸びてきて、私のウエスト辺りにまとわりついてきた。
・・・うっ。汗
だけど今度は・・・不思議とその手に恐怖を感じなかった。
それは・・・その手があまりにも優しく・・・私を包み込むかの様だったから。
その直後、耳元に熱い吐息がかかり、私は思わずビクッとしてしまった。

「ジウジー、起きてる?」

・・・へっ!?
聞き覚えのある、ハスキーでセクシーな声。

「起きてる・・・でしょ?」

そう言って髪を撫でられた。
・・・まさか・・・まさか・・・ね?
間違えるはずなんてない。それは愛しい・・・あの人の声。v

「ジニっ!?」

そう言って私は勢いよく振返ろうとした。

「シッ!!」

背後からギュッと強く抱きしめられ、私のその動きは止められた。
上半身を押さえられている私は顔だけを回し・・・後ろをチラ見した。
そこには・・・口元に人差し指を立てて笑うジニがいた。

「オモニ(お母さん)が起きちゃったら困るでしょ?」

小さな声でジニが私に言った。
ジニの片手が離れたのと同時に私は振返り、ジニの方を向き言った。

「・・・どうして?」
「ん?どうしてって・・・何が?ああ、仕事?ちゃんと仕事はして来たよ?」
「そうじゃないよ・・・どうしてココにいるの?」
「んーーーーージウジーに会いたかったから。」
「は?」
「は?・・・じゃないでしょ、ジウジーに会いたかったからに決まってるでしょ?」
「・・・。」
私は絶句した。
一体何がどうなってるの?何でジニが?どうして日本に・・・私の部屋に?しかも・・・何で私と一緒にベッドに入ってるの?そして・・・私に会いたかった・・・だ?
頭の中がパニックになっていた。

「ねぇ・・・ジウジーは俺に会いたくなかったの?」
「・・・へっ!?あ、会いたかったよ、会いたかったに決まってるじゃない!!」
「でも・・・嬉しくなさそうだね・・・その顔。」
「はぁ?ち、違うよっ!ただ・・・ビックリして・・・。」
「俺が突然来て迷惑だった?」
「まっ、まさかそんな事っ・・・とんでもないっ!」
「んーーー良かったぁ♪」

そう言ってジニは再び私に抱きついてきた。
なんだかわかんないけど・・・こんな幸せな状況を手放す必要もない・・・か・・・アップロードファイル

「あの・・・どうやって入ってきた・・・の?」
「は?ジウジーふざけてんの?この前ジウジーが俺に合鍵送ってくれたんだろ?」

・・・は?私?私がジニに合鍵を?
ジウジーお前はアホかーーーーっ!!!はぁ
って、ペンが合鍵を送ったら・・・ジニっ、アンタはペンの部屋に来るの?そうなの?
そんな・・・出張ホストじゃあるまいし・・・(汗)

「俺、これから忙しくなるから・・・しばらくジウジーにも会えなくなる・・・。」
「え・・・。」
「だから・・・今日・・・その・・・無理をして来たんだ。」
「うん・・・。」
「うん・・・じゃないよ、なのに・・・何コレ?」
「はい?」
「コレだよ、コレ。」
ジニは壁を指差していた。
あ・・・sc06 ジニが指差す先にあったモノ・・・それはエリックのポスターだった。
「そ・・・それは・・・友達がお土産にくれて・・・カッコ良かったから・・・。」
「ふぅん。カッコ良かったから?」
「はい・・・だって・・・ま、まさか捨てる訳にいかないでしょっ?」
「まぁね・・・俺にとっても大事なヒョンだし・・・。」
「そ、そうでしょっ?私はジニペンだけど・・・シナの事、シナメン皆を愛してるんだものっ!」
「だけど・・・妬けちゃうな・・・こんなに。」

た、確かに見渡せば・・・エリの団扇に、エリのコットンが入った箱もベッド脇のテーブルに並べられていて・・・絵文字名を入力してください
だーーーーーっ!!何でこんなに私のベッド周りには兄さんグッズが充実してんのよっ!怒

「ごっ、ゴメンなさい。でもっ・・・ほ、ほらっ、ジニに見つめられると・・・逆に興奮して寝られないからっ。」
「ふぅん・・・興奮して?」
「そっ、そう・・・興奮しちゃって・・・って、あわわわ、そーじゃなくて!」

し、しまった・・・・アタシったら何言ってるんだ?
ジニがニヤリと笑うのがわかった。

「どんな風に・・・興奮するの?」
「へっ!?ど、どんな風って・・・いや・・・ホラ・・・その・・・ドキドキしちゃうなぁ・・・って。」

・・・やだ~~~恥ずかしいっ。
自分の顔が赤くなっていくのを感じた。

「くすっ・・・顔・・・真っ赤だね?」
「・・・。」
「俺の事・・・好き?」

捕らえて放さない・・・そんな・・・するどい眼差しで真っ直ぐに私を見つめる。
す・・・吸い込まれそう・・・。
私は言葉にならずに、ただ顔をブンブンと縦に振って頷いた。

「ちゃんと口に出して言ってみて?」
「え・・・?す、好き・・・です。」
「エリックよりも?」
「・・・エリックよりも。」
「俺のがカッコイイ?」
「ジニのがカッコイイ・・・です。」
「やった♪」
そう言うとジニはクシャッと笑った。
・・・か、かわいい・・・結構・・・ヤキモチ焼きなのかな・・・。

「さて・・・じゃあ・・・ドキドキしよっか?」
「は?」
「興奮して眠れない・・・でしょ?」
「えっ!?」

・・・と言ったその瞬間、私の言葉を塞ぐかの様に、私の唇にジニの唇が重なってきた。
初めは優しく・・・だけど・・・そのうちにだんだんと激しく・・・私の頭を掴んで髪をグシャグシャと乱しながら・・・
んーーーーーー!!!
「はうっ。」 ほぇ・・・。
思わず息が漏れた。

「シッ!声は出しちゃダメだよ、オモニ起きちゃうでしょ?」
「・・・。」

ちょっと困った顔をした私の耳元でジニが囁く。

「なんか・・・もっとドキドキするね♪」

そしてそのまま耳に、まぶたに、首筋にと・・・優しく・・・ときには激しく・・・キスを落としていくジニなのでした。
あぁぁぁぁぁぁっふるーつ☆Cultivation・ドキドキハート 鼻血
関連記事
スポンサーサイト

| 私が見た夢のお話☆ | 01:33 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

チュッカヘ(^O^)

やっと愛しいジニが優しく会いに来てくれたんですね(^O^)
チュッカヘ~。
あの方がさらいにこないことをお祈り申し上げます(^O^)

| ぴるぎょん | 2008/05/24 20:28 | URL |

おぉ~

前に少し聞いたけど途中までで『今度UPするね』って言ってたから、いつだろう②って続きを知りたくてワクワクしながら待ってたんだけどジニと、お熱い時間を過ごしたんだね。
今まで冷たかったジニだったから、これからは嫉妬しつつ優しいジニで、あの強引な方からジウジーさんを奪いかえしたりしてくれたらいいね。もう、そうなったら更にジニにv-238だよね。

| クー | 2008/05/25 23:37 | URL | ≫ EDIT

やったね

ジニのあま~い夢v-238
ちょっと、あの方が気になるがでも良かったね。
実は私も、シナが夢に出てきて・・・
夢の中で、元彼と話していたら彼の顔が
ヘソン氏に・・・ちょっと太ったって言ったとたんに
ぼんってマジック?そしたら旦那の顔が、反町似のジニの顔になってて・・・
って夢の内容が無いのただ出てきただけ、それでも嬉しいけど、
ジウニーさんみたいにセクシーな夢がみたい。
それ以来出てこない、修行が足りないのかな?
どんな修行をすれば夢の続きがみれるのかな~

| rikomama | 2008/05/26 20:20 | URL |

コマウォヨ~♪

>ぴるぎょんシ
あのお方ね・・・来たよ既に。でもジニからたくさんの愛をもらったから平気なの~~~♪(ホントか?)
どんな手を使われても揺らがない自信があるわっ!

>クーさん
お待たせしてミアネヨ~。
そうだよね~途中まで話しておいて私ったら・・・放置プレイ?
今回初めてジニに優しく愛されて、かなーり幸せ感じちゃった。お陰でモリはジニで一杯よ~~~。
しっかしあの夜は・・・ドンちゃんやミヌのあの話・・・で異様な盛り上がり(←引っ掛けてる)でしたね私達。ククク

>rikomamaさん
皆さん、あの方が気になる様で・・・はっ!?
本当は皆、あの方がジウジーの夢に出て来るのを心の何処かで期待してるんじゃ?

お?シナが夢に出て来たとなっ!?やったじゃ~ん。
ってか、反町似のジニの顔って・・・願望か!?(失礼)
で、セクシーな夢が見たいと。
どんな修行をすれば良いかと?
毎晩セクシーなジニのMVを見て寝ることです、ハイ。毎晩欠かさずに。

| ジウジー | 2008/05/28 00:30 | URL |

ヨドンセン!! パボヤ~~(笑)
夜中に一人。。。大笑いです♪
ミヌssiだけじゃないんだね フフフ
でも…ジニは夢に出てこないんじゃなかったっけ?

| えふふぉー | 2010/08/10 00:28 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hisanaka.blog46.fc2.com/tb.php/277-3c4934a0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。