心のビタミン注入完了?

SMAPとSHINHWAが私のビタミン☆三十路女のイタイ日記

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

チョンジン☆ペンミ~東京弾丸ツアー③

・・・えっ・・・まさか・・・ウソ・・・でしょう?

私はキョロキョロと辺りを見回すと、再びステージ上のジニを見た。

・・・やっぱり・・・目・・・合ってる・・・よ・・・ね・・・?

思わず自分で自分を指差し、ステージを見上げジニに確認する。

・・・私?

するとジニは笑顔でコクコクと頷いていた。

“エエーーーーッ!!!”

「ねぇっ、私?私に言ってる?ジニっ。」

それでもまだ信じられない私が隣にいたユキオンニに確認していると、それを見ていたジニが更にこう言った。

「ソウ、ソウデス!え~っと・・・JUNJIN・・・Wa?(目を凝らしてステージ上から見ている)
ってウチワを持ってるアナタ!アナタデスヨーーーアハハハ。」

「キャーーーーー!!!」

思わずユキオンニと手を取り合い、その場で飛び上がって喜んだ。

「ハヤク、キテクダサ~イ。」

“早く早く”とジニに笑顔で手招きされ、私は走ってステージへと向かった。

「ドコカラキマシタカ?」

ジニに肩を抱かれ聞かれた。

「ほ・・・北海道です・・・。」

緊張のあまり声が震えた。

「ヤ~~~、ホッカイドウ!」

ジニは仰け反ってビックリした様に叫んだ。そして、

「アリガトゴジャイマース。」

そう言うと、深々と私にお辞儀した。

「あの・・・」

ジニに話しかけようとするも、緊張しすぎて声が出ない。
そんな私に気がついたジニが、“何?”って顔をして私の口元に耳を寄せた。

「・・・トキメキで・・・覚えてます?」

私は服をめくり、下に着ていたジニのサイン入りTシャツを見せた。
ジニは最初私が服をめくるもんだからちょっとビックリした顔をしたが、すぐに笑顔になりこう言った。

「ア~~~!!!」

ジニは覚えていた様で私のTシャツを指差すと、すぐさまサインした時の様子をジェスチャーをして見せながら再現。そして・・・笑いながら私の事を横からギュ~ッと、ギュ~~~~っと抱きしめてくれた。

・・・もう・・・死んでもいい・・・

・・・
・・・
・・・



そう思ったところで目が覚めたペンミ当日の朝。むぅ・・・
ええ、それもジニの声でね・・・しっかりと起こされました。(ジニ着ボイス)
いい加減、目を覚ませってか!?

そしてその夢の内容を新大久保へ向かう電車の中でユキオンニに話すと、

「そーいえば今朝ね、ジウジー独り言言ってた。」
「えっ、嘘!?マジで?何て、何て?」
「あのね・・・」

“もうダメだ・・・”

はっきりとそう言った後に深~いタメ息を一つ。
そして再びスースーと寝息を立ててたんだそうな。
その夢を見ていたときだったのだろうか・・・?
しかしまぁ、なんとも都合のいい夢を見る女なんだろう・・・。
だけど・・・どうかそれが正夢でありますように・・・
心の中でそう願うジウジーだったのでした。
関連記事
スポンサーサイト

| 遠征記(JUNJIN) | 15:14 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

きゃはは~v-218
夢かい(笑)
ビックリしたよ~ マジでジウジーちゃん  やったなv-308
と思ったよ・・しかし  いい夢だわ~  夢でもいいから そんなの見たい・・
ps・・すっごく 道内寒くない?
 朝目覚めたら  雪景色だったらv-405と  不安です・・

| まみまみ | 2008/11/19 19:42 | URL |

>まみまみさん

本当だと思った?カカカカ。ゴメンナサーイ。
素敵な夢を見れるのはいいんだけど・・・でも・・・夢から覚めたときが本当にたまらなく切ない・・・v-406

| ジウジー | 2008/11/20 10:23 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hisanaka.blog46.fc2.com/tb.php/378-7aa389f7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。