心のビタミン注入完了?

SMAPとSHINHWAが私のビタミン☆三十路女のイタイ日記

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

悪い事は出来ない。

先日、職場の後輩の送別会での出来事。
三次会の場(スナック)に向かうべく、あるビルのエレベーターに乗りこんだ私たち。ドアが開くとそこには職場の飲み会であろうオジサン集団。その中の1人の若いおにいちゃんと目が合った。
“おっ!なかなか爽やかな感じの好青年だわっ♪” ←いつも男のチェックは素早い恐るべし女ジウジー(笑)。
後方だった私は仲間達が降りるのをじっと待っていたのだが、その間そのおにいちゃんは私の事をジ~ッと見ている。
知らない顔なんだけど・・・。(一度見たら人の顔は忘れない人)
一目惚れ?・・・される程の容姿の持ち主でもないし。(爆)
“何そんなに見てんだよーーー!”と心の中で叫びつつ、おにいちゃんカワイイのでとりあえずにっこり笑顔で会釈し、降りようとしたら・・・

「僕、この人知ってる!」

と、突然大きな声。
「へっ!?」
私の職場の人間&その男の子の仲間も含めそこにいた十数人が一斉に振り返り私を見た!ひぇぇーーー(汗)。
“しっ、知らないわよぉぅ、私。”
そのまま行ってしまおうかと思ったら更にその子ったら・・
「○○太鼓の人だ!僕知ってる。」 と、指まで差しやがった。
ウチの職場の仲間が一斉に笑い出した。もーーーー恥ずかしくて、
「なんで知ってるのーーーー?」
そう言って思わずバタバタと走って逃げる様にエレベーターを降りた私。そしたら後ろからそのおにいちゃんついてきてて、
「ボク、○○くんと同僚で、アナタの公演見たもん。ステキでしたっ。」 (○○くんというのは私の太鼓チームでの後輩。)
そう私の耳元で囁くと、「じゃねっ♪」と手を振り去っていった。
ぼーーーーぜんとするアタシ。

確かにそう(○○太鼓の人)なんだだったけども。
もう3年も離れてるのにさー何でわかるのよ。
“ステキでした”って、過去形かよ!
ウチの太鼓チームは地元はもとより、全国でも結構名の知れたチーム。しかも私が指導した子供たちはコンテストで日本一にも輝き、ズバリニッポン一の指導者?わっはっはっ♪(自分で言うな!)
所属していた頃はその看板を背負ってる故にハメ外せませんでした。
「誰が見てるかわからないから外で名を汚すような事はするなよ!」と上の者から教えられ、また下の者にも教えてきた私。
足を洗って3年・・・まだですかね?
関連記事
スポンサーサイト

| 日々雑 | 21:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hisanaka.blog46.fc2.com/tb.php/80-cef96631

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。